流行のガウチョパンツが、今年の春服では、スカーチョに進化!

 

昨年のレディース春夏ファッションで大ブレイクした「ガウチョパンツ」が、今年の春ファッションでは、ほとんどスカートみたいなシルエットの「スカーチョ」に進化!

 

甘めなコーデが好きな人は、取り入れやすいデザインになっています。
パッと見はスカートにしか見えないシルエットと、甘めにシフトした3デザインが新鮮です。

 

Noela(ノエラ)では、プリーツ、花柄のスカートの新作を発売!

プリーツのスカーチョ

 

プリーツ加工を施したデザインが、レディ感を盛り上げます。

 

レッグラインをカバーしてくれる、ワイドシルエットがうれしいポイント。フ

 

ェミニンムードを加速させる、ペールトーンカラーも好印象です。

 

黒のニットトップスと合わせると、まだ寒さが残る季節のスタイルにも活用できます。


 

花柄のスカーチョ

 

オリジナルフラワー柄をプリントした生地で、タック入りのフレアヘムが揺らめくエレガントなガウチョパンツです。

 

ペールトーンの配色とノスタルジックな花柄が清楚なイメージを与えます。

 

きちんと感のあるホワイトシャツにも、オフショルニットとの相性もいいスカーチョです。


 

レース柄でネイビーのスカーチョの着こなし方

 

ビターな甘さが大人可愛いネイビーレースは、ハンサムにもフェミンにも着こなせます。

 

冬コーデとして着る時には、グレーのチェスターコートと合わせて、旬なグレーのワントーンコーデをネイビーで盛り上げます。トップスは、グレーのニット襟付きの白シャツをレイヤードして、チェスターとのグラデーションを作り、レースのネイビースカーチョで印象を引き締めます。

 

日中はコートがいらないくらいの日には、トップスのニットをボトムスアウトにしてストールを巻き、ゆるっとした雰囲気にまとめます。紺でもレースのスカーチョは軽やかなので、トップスも明るいカラーのニットにすると春っぽい着こなしになります。

 

春になったら、ラフなデニシャツで、フェミニンなレースガウチョをカジュアルダウンのスタイリングにします。赤いバックと白のパンプスを合わせて、こなれた甘カジコーデに仕上げます。

 

パステルカラー!プリーツ入のスカートを着まわし

 

女っぽさを高めてくれるパステルプリーツは、ほんのりフェミニンなスタイリングになるのがいいところです。

 

まだ風が冷たい時期には、ショート丈のダッフルコートなどのコンパクトなアウターと合わせて、バランスよく着こなします。パーカを間にはさんだレイヤードで、スタイリングに差をつけます。

 

アウターがいらないくらいの気温になれば、シャツにニットベスト、ストールで軽快なコーディネートにします。白シャツに濃い色のニットベストを重ねて、大判ストールはインパクトのある大柄格子でメリハリをつけます。ボトムスの色に合わせてグラデーションにするとオシャレ度がアップします。

 

早春には、春のトレンドアイテムGジャンを合わせて、今年っぽい着こなしを先取りします。インには白のブラウスで、フレッシュさをアピール。短丈のGジャンと長めのガウチョには、レディなピンヒールでバランスをとります。

 

白コーデにも使えるホワイトのスカーチョコーデ術

 

とろみ素材の万能な白ガウチョは、快適なはき心地でヘビロテ率の高めのアイテムです。

 

オールホワイトの冬コーデなら、とろみスカーチョにニットも白でまとめます。アウターをカーキのミリタリーブルゾンで辛めカジュアルに仕上げます。足元は白ソックスにおじ靴でおちゃめにハズすのがポイント。

 

小春日和のお出かけには、トップスに無地のシンプルニットを合わせて、チェック柄のシャツをレイヤード。シャツの襟や袖を見せることで、コーデにメリハリをつけます。白のスニーカーと白小物で、爽やかな春の気分を先取りします。

 

お花見の頃には、ホワイトのスカーチョに、ロングカーデを合わせて、ロングロングのスタイルにします。フリンジバッグやマニッシュなハットで、ゆるカジコーデが今年っぽい雰囲気です。

 

 

GUでは、佐田真由美さんが着こなすワイドパンツスタイルが登場!

 

ユニクロ系のGU(ジーユー)では、スカートっぽいシルエットのワイドパンツを、スカンツという名前をつけて販売しています。

 

スカーチョではなく「スカンツ」と言うわけですね。

 

ポリエステルの無地の生地のタイプもありますが、デニム素材のタイプもあったりして、スカーチョと呼ばれてるタイプよりも、ちょっとメンズランクな感じがする…っていうのが特徴です。

 

去年からのワイドパンツも、さらに種類を増やしていて、20代後半〜30代前半向けには、波留さんや山本美月さんがモデルになって、今年の春スタイルを提案。

 

30代後半〜20代の女性向けには、佐田真由美さんがモデルになって、春コーデのサンプルを提案しています。

 

佐田真由美さんと言えば、ファッション雑誌「ViVi」の専属モデルをやっていたと思うんですけど、気づけば、もう、それも、20年以上も前のことなんですね。

 

年齢も30歳を超え、どちらかと言うと、アラフォー世代に近い感じだと思いますが、今だに、若々しくて綺麗ですね〜。

 

スカンツとかワイドパンツを、30代〜40代のレディース春服で、大人っぽく着こなすには、この佐田さんの春コーデのように、トレンチコートを合わせたりするのがいいんじゃないかな、って思います。

 

今年の春服では、ニット素材のアイテムも豊作なので、コートの下に着るトップスは、サイドスリット入りで、フェミニンなデザインのセーターなどを着るのもいいかもしれません。